読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

c-bata web

@c_bata_ のメモ。#python #django #ios #android #reactjs

#pyconjp でWeb(WSGI)フレームワークの作り方について話してきました

Python

昨年のPyConJPでは pandas-validator について話していたのですが、今回はトークセッションをしてきました。 Twitter見てると早速スライドを見ながら実装してくださってる方もいらっしゃって嬉しいかぎりです。

日本語のWSGIフレームワークの作り方の資料としては最もまとまっているものになっていると思うので、ぜひご活用ください。

基礎から学ぶWebアプリケーションフレームワークの作り方

WSGIの解説から始まり、ルーティング・リクエスト・レスポンス・HTMLテンプレートやミドルウェアについて順番に解説しながら、ボトムアップフレームワークを作り上げていく話をしてきました。

半分ライブコーディングみたいな形だったので、少し不安もありました。 もう少しこうやればスムーズだったかなと反省点も少しありますが、スライドとかTogetterまとめがホッテントリ入りしていたらしく、周りからの反響もよくて一安心です。

動画


2_04 基礎から学ぶWebアプリケーションフレームワークの作り方

スライド

c-bata.link

Togetterまとめ

togetter.com

Github

GitHub - c-bata/webframework-in-python: How to develop WSGI WEB Framework at PyConJP 2016

明日はマイクロソフト社さんのオフィスで、PyConJPのスプリントがありますが会場にいるので、もし質問とかあればお声がけください。

remark.js の紹介

少し話がそれるのですが、資料作りにあたって、 Remark.js が素晴らしかったので紹介。

f:id:nwpct1:20160923220141g:plain

このように

  1. shift + c で新しいWindowを開く
  2. shift + p でプレゼンテーションモードに変更

するとうまく同期してくれます。 reveal.jsだと発表者ノートを表示するためにwebsocketのサーバを立ち上げないといけませんが、こちらは必要ありません。Github Pagesでも上のスライドのリンクのようにそのまま動かせます。

  1. Markdownでかけて
  2. CSSで簡単にスタイルを修正できて
  3. Github pagesで簡単に発表者ノート毎表示できます。

最高です。

全体的な感想

  • 1日目のパーティで沢山の方にお声がけいただけました。有名人になれたみたいで嬉しかったです。このブログすごい参考にしてますと言ってくださる方もいらっしゃったのでしっかり更新続けないとなと思いました
  • スピーカーパーティの時にPyDataの山本さんという方とお話したのですが、xgboostや競馬予測に関して本当に面白い話をお聞きすることができました。データ系に詳しい参加者がたくさんいて、普段Webをやっている人間もデータ系の全く知らなかった話を知っていけるのは、Pythonのカンファレンスならではですね。
  • 非同期に関して色々と知りたいこと・よく分かってないことが多いのですが、スピーカーパーティの時にjbkingさんからめちゃくちゃ丁寧な解説をいただきました。本当に面白くてコードを書くモチベーションがめちゃくちゃ高くなってしまった。
  • 来年は非同期で高速なWebフレームワークに関して発表したい

以上、おつかれさまでした。

Flask Web Development: Developing Web Applications With Python

Flask Web Development: Developing Web Applications With Python

PyCon APAC 2016 in KoreaでLTしてきた

python

昨年の台湾の開催につづいて、今年もPyCon APAC 2016 in Koreaに参加してきました。

PyCon APACについて

PyCon APACは名前の通りアジア太平洋地域の人たちが集まるPythonのカンファレンスです。 昨年は台湾で開催されて700人ぐらいが集まりましたが、今年は韓国の開催でしたが1500人が集まったらしい。規模がかなり大きいですね

前回の参加の様子は gihyo.jp さんの方で参加レポートを連載させていただいていたのでそちらをご覧ください。

gihyo.jp

今年も gihyo.jp さんの方で参加レポートを書くので、詳細はそちらをご覧ください。

追記

公開されました

gihyo.jp

Lightning Talk

昨年につづいて今年もLTしてきました。動画はこちら↓。@terapyonさん撮影ありがとうございました :) そのうちPython KRの公式チャンネルでも公開されるかもしれません。

今動画を見てみると文法や発音の気になる箇所がありますが、これでも昨年台湾でやってきたLightning Talkに比べるとかなりマシになってそうです(実際話してる時は緊張もあるのでこうやって動画で振り返らないとわからないですね)。 昨年のLTの様子は今見るとちょっと笑えるんですがあまりにも恥ずかしい自分が写ってるのでどうしても見たいって人だけYoutubeで探してみてください。

発表が終わって席に戻る時に、このライブラリいいねって言ってくれる人がいてだいぶ救われました。

スライド

発表の内容としては以前このブログでも紹介したFeedyというフレームワークの紹介です。

nwpct1.hatenablog.com

2年前に進学のためにTOEICの勉強をしていた*1のですが、その後英語の勉強をかなり減らしてしまっていたので、PyConやEuroPython、DjangoConの動画で気になるものをとにかく見ながら言い回しを考えたり雰囲気を真似て練習していました。 まだまだ英語に関しては努力が足りてないですね。

発表が終わって席に戻る時に、このライブラリいいねって言ってくれる人がいてちょっと感動してました。

感想

f:id:nwpct1:20160822233244j:plain

韓国初めてだったのですが、人は優しいしビールは安いしとてもいい国でした。 Lightning Talkに関しては昨年に比べて一番成長が感じられた部分なので、やっぱり発表することは毎年続けてみます。 来年はマレーシアでPyCon APACがあるそうですよ。Lightning Talkではなく通常Talkのプロポーザル出したいですね。

あと来年からは社会人なので、USのPyConとかEuroPythonに会社のお金で行きたいな

以下、宣伝

PyCon JP

2015年から台湾・日本・韓国とPyConには3回参加してきたのですが、発表自体は全てLightning Talkしかやってませんでした。 来月開催されるPyCon JP 2016で初めてTalkセッションさせていただけることになったので、現在資料作成中です。

pycon.jp

1日目15:30からです。是非聞きに来てください

Python入門者の集い

今月末に渋谷ヒカリエで開催される勉強会にゲストスピーカーとして呼んでいただけました。 もう一人ゲストスピーカーとして、一緒にPyCon APAC 2016 in Koreaに参加していたPyLadies Tokyoの @a_macbee さんも来るので是非来てください。

120人もいるので、今ならまだキャンセル待ちで入れると思います。

python-nyumon.connpass.com

*1:その時のスコアは620でした。今はもう少し低いかもしれません

Angular2のComponentライブラリ ng2-card を公開しました

JavaScript つくったもの

Angular2の練習を兼ねて、ポートフォリオを書き換えていたのですがせっかくなので、↓のページのCard ViewのComponentをnpmに登録しました。 まだ結構雑な部分は残ってるのですが、とりあえず動くところまでできたのでAngular2のライブラリデビューです。

c-bata's portfolio | c-bata.link

example

github.com

以下はメモ

Angular2の勉強

Angular2自体はTour of Heroesという公式チュートリアルから始めました。

あとはKobinというPythonのWebフレームワークを作っているのですが、それのサンプルプロジェクトとしてAngular2を使ったTODOアプリを作ってみました。

kobin-example

npmへの公開

npmへの公開はこちらを参考にしました。

いくつかよく分からない挙動にぶつかったりしたのですが、まだRCだからということで納得しました。 何かエラーが出た時にどこからたどればいいのか分からなくいエラーメッセージが出ることも多かったので、自分にはまだ本番環境とかでの使用が難しそう。

使ったもの

  • Angular2/TypeScript
  • webpack
  • tslint

また今度練習にReact.js版作ってみます