読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

c-bata web

@c_bata_ のメモ。python多め

VirtualenvでPython開発環境を構築する。

Python

はじめに

前回の記事でHomebrewのインストールとvirtualenv,virtualenvwrapperのインストールが終わったので、それらを使ったPython開発用の仮想環境を構築する手順をメモ

早速使ってみる

mkvirtualenv [環境名]で作成、rmvirtualenvで削除、workonで作成した仮想環境一覧表示と環境名指定で仮想環境に入る、deactivateで仮想環境から抜けることができるようです。。

$ cd
$ mkvirtualenv py3 --python=/usr/local/bin/python3
(py3)$ python --version
Python 3.3.5
(py3)$ which python
/Users/masashi/.virtualenvs/py3/bin/python
(py3)$ workon
py3
(py3)$ deactivate
$ python --version
Python 2.7.6
$ workon py3
(py3)$ rmvirtualenv py3
Removing py3...
$ workon

なるほど!virtualenvで作成した仮想環境にログインした時は一番左端に、環境名が表示されるらしい。

virtualenvwrapperの環境変数

virtualenvwrapper は、環境変数を変更することでカスタマイズできるそうです。

pypyの環境も作成しておく

よく名前の聞くpypyですが、id:Kesinさんは仮想環境を作成しているようです。 僕も同じように作成させて頂きました。

-結局Pythonはvirtualenvで管理してみることにした

フックについて

こちらに簡単に説明されていました。要は...

virtualenvwrapperを使うもう1つの利点が, 上で書いたような環境の作成, 切り替え, 削除といったタイミングで特定の処理を行うような記述ができる

とのことです。覚えておくと便利そうです。

その他参考資料


Pythonプロフェッショナルプログラミング

Pythonプロフェッショナルプログラミング