読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

c-bata web

@c_bata_ のメモ。python多め

git勉強内容まとめ8(共有リポジトリについて)

他の人とソースコードを共有するための方法について勉強したのでメモ

$ mkdir share.git
$ cd share.git
$ git init --bare

共有リポジトリは,拡張子を.gitにするのが通例です。

git initにbareオプションをつけると,管理ファイルだけ管理され,ファイルのコミットとかはしないという設定になります。

まずは共有リポジトリに登録する,gitのフォルダに移動

$ cd (自分が管理しているフォルダへのパス)
$ git remote add 名前(originとするのが通例) (共有リポジトリへのパス)

※削除するなら,同じように`$ git remote rm origin'で可能。共有リポジトリに登録しているかどうかは,'$ git config -l'で確認可能

  • push
git push origin master

↑のコマンドでorigin(共有リポジトリに向かってmasterの内容をプッシュする

  • 共有リポジトリの中身を自分の管理しているディレクトリにコピー
$ git clone 共有リポジトリへのパス 自分のgitディレクトリへのパス

こうすると,共有リポジトリの中身を,自分のgitディレクトリにコピーできる。 試しにgit logコマンドを実行すると,共有リポジトリと同じコミットが確認できる。

  • pull

共有リポジトリの内容を自分のところに引っ張ってくる

$ git pull origin master
  • 共有時のコンフリクトの解決

プッシュしようとすると,エラーが発生した場合

一度プルするように促されるので,一度プルする。 マージの時と同じように,コンフリクトが発生したなら直接エディタで正しい形に編集してからプッシュする。


参考ページ ドットインストールgit入門